組合職員ブログ

2008年03月31日

ドイツ誌、ダライ集団の国家分裂の本質を暴露

人民日報 2008年3月28日

ドイツの週刊誌「われらが時代」は先日、「これは人権とは無関係だ」との署名記事を掲載し、西蔵(チベット)の半世紀余りの歴史事実を紹介することで、国家を分裂させ、反中国勢力に奉仕しようとするダライ(ダライ・ラマ14世)集団の本質を暴き出した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

記事の要旨は次の通り。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人在留期間を5年に・国が情報一元管理、法相の私的懇談会

NIKKEINET 2008年3月31日

法相の私的懇談会「出入国管理政策懇談会」(座長=木村孟大学評価・学位授与機構長)は26日、日本に滞在する外国人の在留管理制度の見直しを鳩山邦夫法相に提言した。外国人登録証明書を廃止し、新たに「在留カード」(仮称)を発行して国が情報を一元管理できるようにする一方、在留期間上限を原則3 年から5年に延長することを盛り込んだ。法務省は、来年の次期通常国会に出入国管理・難民認定法改正案など関連法案の提出を目指す。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 入国管理局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在留管理:外国人情報を法務省に一元化 出入国懇が提言

毎日jp 2008年3月26日

法相の私的懇談会「出入国管理政策懇談会」(座長=木村孟大学評価・学位授与機構長)は26日、「新たな在留管理制度に関する提言」をまとめ、鳩山邦夫法相に提出した。入国管理局が発行する新たな身分帳である「在留カード」(仮称)を導入して外国人の情報を一元化する一方で、現在3年の在留期間の上限を5年に延ばすことなどを盛り込んだ。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 入国管理局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

研修生に対しての労働関係法令適用の件

3月24日から3月25日にかけて、外国人研修生に対する労働関係法令適用についての記事が、新聞各紙に掲載されました。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080324-OYT1T00497.htm

毎日jp
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080325k0000e040024000c.html
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20080325ddlk23040211000c.html

続きを読む
posted by 元組合職員 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

外国人研修生:「労働者」として保護方針 政府が法令適用

毎日新聞 2008年3月23日

低賃金、長時間労働が多発し問題化している「外国人研修生」について、政府は最低賃金法や労働基準法などの労働関係法令を適用し、「労働者」として保護する方針を固めた。「外国人の単純労働は認めない」との政府見解の事実上の転換につながるものになる。「規制改革推進のための3か年計画」に盛り込み、週内にも閣議決定する。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人在留を5年に延長、管理厳格化を機に…法務省方針

YOMIURI ONLINE 2008年3月21日

外国人の在留管理制度の改善を検討してきた法相の諮問機関「出入国管理政策懇談会」(座長・木村孟(つとむ)大学評価・学位授与機構長)が月内に鳩山法相に提出する「新たな在留管理制度に関する提言」の全容が20日、明らかになった。

身分証となる「在留カード」を入国管理局が発行し、不法滞在対策などを強化する一方で、「在留期間の上限の延長」を盛り込んだのが柱だ。提言を受け、法務省は、原則3年が上限の現在の外国人の在留期間を5年に延長する方針だ。来年の通常国会に出入国管理・難民認定法などを改正する関連法案を提出する。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

中国、世界のITアウトソーシングの重要な請負地に

人民日報 2008年3月17日

無錫で15日に開催された「無錫市アウトソーシング推進会・ハイレベル研修会」において、インドIT産業代表団は、「アジアに代表される、コスト削減型のアウトソーシングの請負地は、世界のアウトソーシングサービスの先端となっている。中国はインドを超え、全世界で最も重視される請負地となる可能性を秘めている」と述べた。「中国新聞網」が伝えた。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金利・預金準備率「再引き上げの余地あり」人民銀総裁

人民日報 2008年3月17日

中国人民銀行(中央銀行)の周小川行長(総裁)は先週、第11期全国人民代表大会第1回会議に出席した後、「現在、金利と預金準備率を含むあらゆる通貨政策ツールに調整の余地がある」との見方を示した。中央銀行が近く金利引き上げを行うのではないかとの観測については、「現在なお検討中で、具体的には決まっていない」と述べた。「上海証券報」が伝えた。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

日本の農業を支えているのは劣悪環境に耐え忍ぶ外国人研修生

本日のnikkeiBPnetに、莫 邦富の中国ビジネス指南として首記のコラムがアップされました。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/china/mo/080317_kensyusei/

詳細は上記リンクに譲るとして、ここで取り上げられている研修生の給与明細は、実際に現場に携わる者としても、本当にこのようにされているのであれば、制度を悪用されている悲しみとともに、怒りがこみ上げてきます。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

中国人実習生:帰国費用問題で市民団体、入管に調査要請

毎日jp 2008年3月15日

越前市の協同組合が受け入れていた元中国人技能実習生の王文傑さん(29)が帰国費用を自己負担させられたのは制度違反だとして、支援する市民団体「外国人研修生権利ネット福井」は14日までに、事実調査と是正指導を求めて法務省入国管理局に申し入れた。制度は実習生を確実に帰国させるため、企業や協同組合が費用負担するよう定めている。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川・坂出市立府中小6年生、外国人研修生と 文化や言葉学ぶ

毎日jp 2008年3月15日

香川県坂出市立府中小(同市府中町)でこのほど、児童と外国人研修生が交流をする授業があり、6年生約45人が外国の文化や言葉を学んだ。

総合学習の一環で、授業には国際研修施設「オイスカ四国研修センター」(綾川町)の研修生8人が参加。8人はタイ、マレーシア、インドネシアなど、東南アジアの国の出身で、農業などを学ぶために来日している。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

日本での生活ノウハウ学ぶ/フィリピン人研修生

神奈川新聞 2008年3月13日

フィリピンから国際研修協力機構の研修生として来日し、これから横浜市鶴見区の建設会社で建築技術の研修を受けるドカ・ベンジャミンさん(34)ら男性四人が十三日、鶴見署など四施設の職員から、日本で生活するためのノウハウを学んだ。外国人研修生をサポートする「首都圏企業経営システム協同組合」が主催した。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

中国の交通事故死者数世界一 車の安全性能に関心

人民日報 2008年3月6日

中国の交通事故死者数はここ数年、世界第一位という不名誉が続いており、交通安全に対する世間の関心がますます高まっている。中国汽車技術研究センターの主催、国内自動車メーカー10数社の共催による第1回中国自動車安全テーマ全国巡回展が3月中旬にスタートする。3カ月にわたる会期中、北京、成都、武漢、広州、上海、長春の6大都市の各中心広場で、多くの市民を対象に、自動車安全知識の普及活動が行われる。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メード・イン・研修生:/6 電気部品製造会社 /愛媛

毎日jp 2008年3月8日

◇仕事を支える語学力

「ここは日本語学校じゃないと注意することもあります」。細かい部品を加工して作り上がるワイヤハーネス(電線、ケーブル)の製造工場。西田泰人常務が苦笑いするのは、日本語の勉強に熱心な19人の中国人研修生らのこと。夜遅くまで机に向かうため、仕事中に眠そうな表情をすることも。しかし高い語学力が仕事のレベルを支えているのも事実だ。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

メード・イン・研修生:/5 かんきつ畑 /愛媛

毎日jp 2008年3月6日

◇農業の技術移転目標に

「あれはもうかずら山だ」。西予市明浜町のかんきつ類の段々畑。デコポンを植えるための整地作業を終え、トラックを運転する斉藤達文さん(60)は目線を山々に向けた。ミカン畑などに交じり、働き手をなくし、かずら(つる類)や雑草に覆われた区画が点在する。かくいう斉藤さん一家も、7年前からフィリピン人研修生らを仕事のパートナーにしている。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

外国人研修生特区、認定先の不正横行

毎日jp 2008年2月21日(記者の目:後藤直義)

小泉改革の目玉事業として始まった構造改革特区の一つ「外国人研修生受け入れ特区」(愛媛県)で、認定企業の悪質な低賃金労働や不法残業、失踪(しっそう)が相次ぎ、内閣府特区推進室がこれまで42社を認定取り消し処分してきたことを昨年10月4日朝刊(大阪本社版)で報じた。背景に何があるのか。私は約半年間、認定企業を一つ一つ訪ね歩いた。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メード・イン・研修生:/3 果菜の苗木作り /愛媛

毎日jp 2008年2月29日

◇「集中力」に高い評価

「仕事のスピードは予想以上です」。トレーに植えられたトマトの苗を手に取る。小さなナイフで茎を切断。そこに別品種のトマトの茎をつなぎ合わせる「接ぎ木」の作業。100本を仕上げるのにかかるのは1時間弱。優秀な従業員の技術を競う社内コンテストで昨年11月、山口一彦社長は日本人をしのいで1位を飾った中国人研修生の宮〓〓さん(23)に賞金と記念品を贈った。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メード・イン・研修生:/4 ペンキ塗装会社 /愛媛

毎日jp 2008年3月1日

◇「3年で帰るヤツ」が「仲間」に

「私、怒、貴殿」、「行動遅、休憩長」、「塗膜、薄」……。言葉が通じないから、ペンを紙に走らせて指示する。逆に「給料上げて」、「(寮の)寝心地が悪い」とストレートに訴えられることも。鉄鋼製品のさびなどを防ぐための塗装作業の現場。吉田達哉社長(43)と中国人研修生らの共同作業は、もどかしいコミュニケーションから始まった。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

日本、中国人観光客へのビザ制限を緩和

人民日報 2008年3月3日

日本外務省は2月29日、中国人観光客へのビザ発給制限を3月3日より緩和すると発表した。日本メディアの3月1日の報道によると、これまで中国人への観光ビザの発給は4人以上の団体に限られていた。今後は2〜3人の家族でも、日本政府が指定する中国国内の旅行会社を通じて観光ビザを申請できるようになる。日本外務省の統計によると、昨年日本を訪れた中国人団体観光客は26万2000人で、2002年から7倍近くに増えている。
posted by 元組合職員 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厚労省所管の財団人事、玉沢議員の秘書が介入

YOMIURI ONLINE 2008年3月4日

農相、防衛長官を務めた玉沢徳一郎衆院議員(無所属、比例東北)の政策秘書が2005年、玉沢氏の有力支援企業から依頼を受け、厚生労働省所管の財団法人理事長(当時)の辞任を求める怪文書の作成などにかかわっていたことが、名誉棄損事件の確定刑事記録などから明らかになった。

厚労省にも辞任を働きかけ、玉沢氏も当時の厚労次官に電話をかけていた。支援企業は財団から仕事を受注していた関係で、理事長人事への不当介入を試みたとみられ、協力した政治家側の姿勢が問われそうだ。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。