組合職員ブログ

2008年03月09日

メード・イン・研修生:/5 かんきつ畑 /愛媛

毎日jp 2008年3月6日

◇農業の技術移転目標に

「あれはもうかずら山だ」。西予市明浜町のかんきつ類の段々畑。デコポンを植えるための整地作業を終え、トラックを運転する斉藤達文さん(60)は目線を山々に向けた。ミカン畑などに交じり、働き手をなくし、かずら(つる類)や雑草に覆われた区画が点在する。かくいう斉藤さん一家も、7年前からフィリピン人研修生らを仕事のパートナーにしている。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。