組合職員ブログ

2010年01月25日

よさこいでパワー補充 富山でイベント 中国人研修生ら交流

富山国際人材交流センターは二十四日、外国人研修生と実習生を迎えての交流イベントを、富山市太郎丸本町の飲食店「越州」で開いた。

富山の新しい文化を知ってもらうのが目的で、県内で研修・実習に励む中国人九十五人が参加した。

研修生らは、よさこいソーランを踊る県内グループ「龍星一起」と一緒に交流を深めるなどした。初めて見る日本の文化をカメラに収める姿も見られた。

舞台で踊った陳小紅さん(27)は「パワーをもらった。会社に戻って一生懸命研修したい」と話した。

外国人研修制度は十八歳以上の外国人を民間の企業や団体が受け入れ、日本の技術や知識を習得してもらい、母国に伝える制度。
posted by 元組合職員 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

外国人研修生、深刻な不況 受け入れ減歯止めかからず

京都新聞 2010年1月18日

外国人研修・技能実習制度を利用した研修生の新規受け入れについて、2008年秋以降の世界不況から1年以上たっても減少傾向に歯止めがかかっていないことが16日、受け入れを支援する財団法人「国際研修協力機構」(JITCO)の調査で分かった。

専門家は「主要受け入れ先である中小製造業の業績不振が長引いている」と指摘、「安い労働力」の研修生の受け入れすらできないほど経営悪化が深刻になっていることが浮き彫りになった。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

給料払え!〜日本で3K労働従事の中国人研修生の現状

What's New in 上海 2010年1月8日

「よい新年を迎えたいが、日本の社長よ・・給料を支払え!」
日本語と中国語で書かれた横断幕を掲げ、10名の中国人研修生が日本の会社を訴えた。彼らは2009年1月から給料が未払いだという。研修生の名目で日本で働く中国人の実態を広州日報が伝えている。

日本国内の労働力不足を補うために推進されてきた開発国からの外国人研修制度。研修1年、実習2年の3年の派遣だが実態は3年間の低賃金雇用だ。現在日本には約20万人の外国人研修生がいるがその7,8割が中国人だ。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

日本で働く中国人研修生への賃金不払い問題に注目集まる

Searchina 2010年1月6日

中国国際放送局によると、日本で働く中国人研修生への賃金不払い問題が近ごろ中国で報道され、人びとの注目を集めている。

中国新聞社によると、お正月を前に、日本で働く中国東北地方出身の中国人研修生10人が日本人社長の賃金不払い行為に抗議するという横幕を出し、「給料がなければ、新年を過ごすどころか、日本で飢え死になるだろう」と訴えた。この事件が報道されると、中央電視台や新華社、法制晩報、揚子晩報など中国の主なメディアは相次いで追跡報道した。

チャイナネットによると、2007年1月から、10人の中国人研修生が日本の会社で研修を開始したが、2009年1月から当会社は賃金の一部しか支払わず、不払いもしばしばあったという。これまで、未払いの賃金総額は1000万円に達しているという。

中央人民广播局によると、研修生の賃金はいまだ支給されておらず、在日中国大使館もこの事件に関心を寄せ、問題解決のために日本側と交渉を行う予定だという。

posted by 元組合職員 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。