組合職員ブログ

2008年07月03日

直近営業でのご報告

梅雨に入り、蒸し暑さと気温の寒暖差で少々バテ気味です。
とは言いつつも、研修生の問い合わせや入国準備、書類作成など。
なかなか作業が一杯になってきました。


先日の事です。東京の配管工事の会社との契約がまとまりました。
先に中国で面接を済まし、契約をとりまとめる為に訪問しました。


担当していただいたのは専務。
以前から研修制度には興味があったが、初めての利用とのこと。
だいたいは理解していたが、面接に行くまで不安だったそうです。


今回は女の子1人。作業の様子を見て今後判断したいとのことでした。


契約の話も終わり、今後のスケージュールについて確認していると、
専務には小学生になる娘さんがいるとのお話しがありました。
実は、将来世界で活躍できる様に、研修生から中国語を
教えて欲しいと考えていたそうです。
研修生にとっても、従業員や家族と接する機会も増える為
コミュニケーションも増え、様々な習得も速まると予想されます。
お互いに良いことなので、是非そうして下さいと賛同しました。


研修生は事前に、日本語や習慣など勉強してくるとはいえ、
やはり来日してはじめに苦労することは、日本語の習得もそうですが、
会社ごとのルールや地域性、日本の習慣を覚えること。
その点、今回のケースの様に従業員や家族との接触が多ければ、
会社の雰囲気に早く慣れ、コミュニケーションの取り方や、
技術の習得にも非常に有利です。
研修生は来日直後は、不安も多く相談する相手も少ないのです。
少しでも早く日本に慣れてもらい、高い技術を習得してもらえる様、
我々組合も力となるサポートを心掛けています。


さて研修生の来日は10月頃。
現場作業に、日本語の習得いろいろ苦労するとは思いますが、
がんばってやり続けて欲しいと思い会社を後にしました。





研修生について詳しくはこちら

技能実習生について詳しくはこちら
posted by 元組合職員 at 13:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人研修生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
王 小飛と申します。一言を言わせていただきます。
この文章を読んで頂、感動しました。私自信も研修生活を過ごしましたので、ここで研修できれば、幸いだと思います。外国に仕事するということは、無論、其のところの言葉や習慣などを勉強しなければないですが、それより、最も重要と思っているのはお互いに心を開け、以心伝心です。ここで研修できる中国人が一日も大事に過ごしたいと思います。頑張ってね。
Posted by 王 小飛 at 2008年07月15日 11:36
お返事遅れて申し訳ありません。

王 小飛さん、本当にコメントありがとう御座います。

本文でも書きましたが、
来日したての頃は、日本の習慣や言葉を覚える事が、
とても大変な事です。
大きな試練ではありますが、
会社従業員の皆さんの暖かい応援や指導で、
皆本当に頑張っています。

僕は本当に新人で有る為、まだまだ出来る事は少ないですが、
わずかでも彼らの力になれるよう、努力していきたいです。



<a href="http://www.ssk-group.net/" target="_blank">研修生について詳しくはこちら</a>

<a href="http://www.ssk-group.net/ginou/jissyu.htm" target="_blank">技能実習生について詳しくはこちら</a>
Posted by 新人営業 at 2008年07月22日 10:35
こんにちは。
勝手に言わせていただきまして、すみませんでした。日本語がまだまだですが、本当にこの前の文章を読んで、感激しました。
あなたたちような指導者であれば、きっと、どんな壁でも乗り越えて、そのやさしさがちゃんと研修生に伝えられるとおもいます。
頑張ってください、応援しております。
Posted by 王小飛 at 2008年07月23日 15:14
最近ブログの更新がありませんが、どうしましたか?
Posted by at 2008年11月22日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102067768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。