組合職員ブログ

2008年12月18日

自動車販売代理店、来年軒並み閉店か

人民日報 2008年12月18日

「中国版J.Dパワー(米国顧客満足度調査)」とも称される中国自動車代理販売店満足度調査の、財務能力に関する調査結果が15日、北京で公表された。この調査研究は、中国自動車ブランド満足度調査組織委員会の指導の下、聯信天下国際調査機搆が実施したものだ。調査研究は、全国21省(市)にある自動車メーカー21社の販売代理店1253社において、主に消費者および販売代理店を対象に行い、最終的に5300件の回答があった。京華時報が伝えた。

調査研究の結果によると、販売代理店の17.3%が、自社の財務能力に対し「非常に満足している」「満足している」と答えている。うち、高級車ブランドの財務能力に対する満足度は20.7%で、明らかに中〜高級の合資ブランドに対する16.6%よりも上回っている。


21メーカーにおいて、販売代理店の財務能力満足度が比較的高かったのは順に、華晨BMW、上海GM、一汽トヨタ、一汽アウディ、上汽GM五菱であった。それに対し、満足度が比較的低かったのが、長安フォード、一汽VW、東風プジョー、奇瑞、クライスラーであった。

販売の前線に立つ代理店の80% 以上が「資金繰りが逼迫しており、経営不振だ」とし、43%が「資金が底をつくか、合併されるかの瀬戸際にいる」と答えている。「メーカーとの関係」に対し、販売代理店の84%が「不満だ」「非常に不満だ」としている。

中国では来年、販売代理店が軒並み閉店するだろう。中国の自動車販売代理店の約40% は閉鎖あるいは合併に迫られている。
posted by 元組合職員 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111412711

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。