組合職員ブログ

2008年12月25日

中国、2009年は大卒生1千万人が就職難の危機

人民日報 2008年12月25日

経済危機が世界を覆う一方で、かつて生徒の募集枠を拡大した大学jからは次々と学生が卒業し、仕事を探している。中国では2009年、約1千万人の大卒生が就職難に見舞われるという。このことは中国の経済・社会の安定に間違いなく影響をもたらすことになるだろう。このため、国は大学生に職業訓練などを行い、適合者を順次就職させる「準就職」システムを打ち出し、来年には大学生100万人以上の就職問題を解決する予定だ。
posted by 元組合職員 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111711556

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。