組合職員ブログ

2009年01月21日

温家宝常務委員「外国人専門家の中国での起業・発展を歓迎」

人民日報 2009年1月21日

春節(旧正月)を前にした20日、温家宝・中共中央政治局常務委員(国務院総理)は、外国人専門家の代表やその家族を人民大会堂での座談会に招き、親しく語り合った。

座談会には、19人の外国人専門家と未亡人が参加した。イザベル、マクドナルド、トパーズの3氏は、新たな技術発展への農村の教育・メディアの適応策などについて発言した。

温常務委員は「中国の改革開放と現代化建設は世界と切り離すことができない。私たちは対外開放の方針をいつまでも堅持し、外国の先進技術と管理ノウハウをたゆまず導入し、優秀な専門人材を数多く招致する。

外国人専門家が中国に来て仕事に就くのは、中国の前途に対して確信に満ちていることの現れだ。私たちはさらに多くの外国人専門家が中国に来て起業・発展することを歓迎する。みなさんと誠意をもって協力し、難局を共に克服したい」と表明した。
posted by 元組合職員 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。