組合職員ブログ

2009年12月22日

「小康社会の全面的建設」、達成度74.6%に

「人民網日本語版」2009年12月22日

国家統計局統計科学研究所の監測結果によると、2007年に72.7%だった「小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的建設」の達成度は、2008年に74.6%まで上昇した。しかし、地域間格差は今もなお存在している。

21日に発表された「中国における小康社会の全面的建設で得られた2008年の新たな進歩」報告書によると、2008年の小康社会の全面的建設達成度は、東部地域83.5%、東北地域77.6%、中部地域72.4%、西部地域66.3%だった。北京と上海の達成度は90%を上回り、小康社会の全面的建設がほぼ実現したと言える。

国家統計局統計科学研究所の「小康社会の全面的建設に関する統計監測方案」によると、同監測は、経済発展、社会調和、生活クオリティ、民主法制、文化教育事業、資源環境の6分野23項目の指標で構成されている。

全国都市・農村部の住民生活は、2000年に「全体的な小康」をほぼ実現させた。同年の小康社会の全面的建設の達成度は59.3%。中国は、「小康社会の全面的建設」目標の2020年実現を目指している。

「小康社会」は、障ナ小平が1970年代末から80年代初めに初めて提唱した。国内総生産(GNP)を2020年までに2000年の4倍にすることが、その具体的目標として定められた。
posted by 元組合職員 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136315660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。