組合職員ブログ

2010年01月18日

外国人研修生、深刻な不況 受け入れ減歯止めかからず

京都新聞 2010年1月18日

外国人研修・技能実習制度を利用した研修生の新規受け入れについて、2008年秋以降の世界不況から1年以上たっても減少傾向に歯止めがかかっていないことが16日、受け入れを支援する財団法人「国際研修協力機構」(JITCO)の調査で分かった。

専門家は「主要受け入れ先である中小製造業の業績不振が長引いている」と指摘、「安い労働力」の研修生の受け入れすらできないほど経営悪化が深刻になっていることが浮き彫りになった。

統計によると、企業がJITCOを通じて申請した昨年1〜11月の新規研修生は前年同期比27・5%減の4万7772人。全体の約8割を占める中国からの研修生も同26・5%減となった。男性は同36%減で、女性より約15ポイント高かった。

昨年4〜9月は毎月前年比30%以上の減少。10、11月は一昨年に続いて減少となった。国別では、タイが前年比42・2%減でトップ、次いでインドネシア、ベトナムだった。(共同通信)
posted by 元組合職員 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138683343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。