組合職員ブログ

2010年07月21日

入管が天下り法人を処分 外国人研修生の残業見逃す

※元ニュース:http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2010072101000204.html

元入国管理局長が理事長を務める天下り団体「経営労働協会」が、名古屋入国管理局から3年間の受け入れ停止処分を受けていたことが判明しました。

新制度移行により、ますます受入団体に対する処罰が厳しくなりますが、見せしめという意味合いもあるのでしょうか。「「天下り法人」が行政処分を受けるのは異例」とのことで、どんどん取り締まるよ、という意思表示のように感じられます。

元入管局長が天下って理事長を務めているケースなんてあったんですね。調べると、もっと様々な違反行為が出てきそうです。
posted by 元組合職員 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157001255
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。