組合職員ブログ

2008年03月10日

中国の交通事故死者数世界一 車の安全性能に関心

人民日報 2008年3月6日

中国の交通事故死者数はここ数年、世界第一位という不名誉が続いており、交通安全に対する世間の関心がますます高まっている。中国汽車技術研究センターの主催、国内自動車メーカー10数社の共催による第1回中国自動車安全テーマ全国巡回展が3月中旬にスタートする。3カ月にわたる会期中、北京、成都、武漢、広州、上海、長春の6大都市の各中心広場で、多くの市民を対象に、自動車安全知識の普及活動が行われる。

5日に開催された自動車安全テーマ巡回展発表記者会見において、中国自動車産業の急成長に伴い、交通事故死者数は世界第一位の年間約9万人に達し、道路交通の問題は解決が急がれる重要な社会問題のひとつとなったと示された。

中国の各種自動車数はすでに1億5千万台を上回り、安全性能は消費者の自動車購入時のポイントとなっている。車購入時における人々の安全性能に対する関心はますます高まっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
対人口比で見た場合はどうなるのか、こういうニュースを目にする度に疑問に思います。
posted by 元組合職員 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。