組合職員ブログ

2008年03月14日

日本での生活ノウハウ学ぶ/フィリピン人研修生

神奈川新聞 2008年3月13日

フィリピンから国際研修協力機構の研修生として来日し、これから横浜市鶴見区の建設会社で建築技術の研修を受けるドカ・ベンジャミンさん(34)ら男性四人が十三日、鶴見署など四施設の職員から、日本で生活するためのノウハウを学んだ。外国人研修生をサポートする「首都圏企業経営システム協同組合」が主催した。

四人は「日本の高度な建築技術を身に付けたい」「お金を稼いで息子を大学に行かせたい」など、さまざまな理由で今月十二日に来日。同署のほか区役所、保健所、消防署を回り、健康管理から消火器の使い方、道交法に至るまで説明を受けた。

技術研修者は、公共施設などで百六十時間の研修を経て職場に配属される。一年後の技能検定に合格すると、さらに二年間、高度な技術研修を受けられるという。

ドカさんは「日本はテーブルマナーから交通法までちゃんとしたルールがあることが分かった。これからしっかりと勉強したい」と話していた。
posted by 元組合職員 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。