組合職員ブログ

2008年03月25日

研修生に対しての労働関係法令適用の件

3月24日から3月25日にかけて、外国人研修生に対する労働関係法令適用についての記事が、新聞各紙に掲載されました。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080324-OYT1T00497.htm

毎日jp
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080325k0000e040024000c.html
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20080325ddlk23040211000c.html

そもそも、外国人(含研修生)だから安い賃金で当然という考え方には私は反対で、国籍に関係なく、同じ仕事をしたら同じ賃金を支給すべきと考えています。

折角日本に研修に来たり働きに来て、不当な差別で劣悪な環境に置かれれば、日本に対する感情は悪くなります。

本人はもとより、本人から話を聞いた家族や友人、知人などにも影響は広がるでしょう。

GDPのかなりな部分を外需に頼る日本にとっては、長期的に悪影響を及ぼしているように感じます。
posted by 元組合職員 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。