組合職員ブログ

2008年03月31日

ドイツ誌、ダライ集団の国家分裂の本質を暴露

人民日報 2008年3月28日

ドイツの週刊誌「われらが時代」は先日、「これは人権とは無関係だ」との署名記事を掲載し、西蔵(チベット)の半世紀余りの歴史事実を紹介することで、国家を分裂させ、反中国勢力に奉仕しようとするダライ(ダライ・ラマ14世)集団の本質を暴き出した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

記事の要旨は次の通り。

西蔵は中華人民共和国に属する。これは半世紀以上にわたり条約を通じて正式に承認されており、「中央政府と西蔵地方政府」間で締結された平和解放協議に基づくものだ。

解放前の西蔵は封建神権社会で、大多数の人々は宗教上の依存関係から支配階層である僧侶に非人道的な搾取を受け、当時の蔵(チベット)人の平均寿命はわずか39歳だった。だが、中国が改革開放政策を実施して以降、西蔵という、この元来立ち後れていた地区にも生気が溢れるようになった。自治区は現代的社会に向けて発展を続けており、経済、教育、さらには西蔵文化の研究においても進歩を遂げている。

現代化の進行に伴い、西蔵の旧社会統治勢力は、その時流に逆行する政策を実現する土壌を失った。彼らは西側の反中国勢力の助けを借りて西蔵を中国から分離させることを望んでいる。こうした連中はその統治時代に西蔵人民の尊厳と人権をほしいままに踏みにじってきたのに、今日では人権の守護者を気取っているのだ。
posted by 元組合職員 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。