組合職員ブログ

2008年12月13日

着服:中国人実習生の賃金搾取に有罪 宇都宮地裁支部

毎日新聞で報じられたニュースです。

中国人実習生の賃金を着服したとして、労働基準法違反(中間搾取)の罪に問われた外国人研修・技能実習生の受け入れ団体「日中経済産業協同組合」(東京都渋谷区)と、理事長の小渕成康(まさやす)被告(41)=群馬県中之条町=ら3人に対する判決公判が12日、宇都宮地裁足利支部(島田尚登裁判官)であった。組合に罰金50万円(求刑・罰金50万円)、小渕被告には懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)を言い渡した。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 技能実習生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

ちょんまげさんのコメントに対する回答−研修生・実習生の手当及び給与−

回答が長くなるため、一つの記事としてお答えいたします。

<元のコメント>
http://ssk-group.seesaa.net/article/92865517.html#comment

研修生制度の問題点の代表例みたいな事件ですよね。いつも疑問に思うのは2、3年経過してから騒ぎになるという点です。時間給350円で働かせられたのなら、何故その時点で騒がないのか?働いた(研修、実習した)その月々で給料(手当)を貰うのだから、その月々で問題になって無い事自体がおかしいのでは??被害者(研修生、実習生)にも被害者なりの責任はあると思います。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 技能実習生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。