組合職員ブログ

2008年12月11日

中国11月の工業製品出荷価格、上昇率2%にダウン

人民日報 2008年12月11日

国家統計局が10日発表したデータによると、今年11月の工業製品の工場出荷価格(PPI)は前年同月比2.0%上昇し、上昇率は前月を4.6ポイント下回った。

PPIの前年同月比上昇率は、1月が6.1%、8月が10.1%、10月が6.6%だったが、11月には2.0%まで落ち込んだ。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中央経済工作会議が閉幕 来年度の5課題を提示

人民日報 2008年12月11日

中央経済工作会議が8日から10日まで北京で開かれた。会議には胡錦濤・中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)、呉邦国・中共中央政治局常務委員(全国人民代表大会常務委員会委員長)、温家宝・中共中央政治局常務委員(国務院総理)、賈慶林・中共中央政治局常務委員(全国政協主席)らが出席した。

胡総書記は重要講話を発表。国内外の情勢を全面的に分析し、来年度の経済運営における全般的な指示と重点課題を明示し、その成功に必要な原則を詳述した。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国国内のインフレ率、上昇

世界的不況の中、元高ドル安が進み、中国国内のインフレ率が上昇を続けているそうです。

その影響で、北京での外国人生活費が香港を上回るという調査結果が出ています。東京の3位に対して、北京は31位と、まだまだ差はありますが、このまま物価上昇が続くと、いずれ北京で買うより東京で買った方が安いという現象が起きるかもしれません。
posted by 元組合職員 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

アイルランド産豚肉・飼料の輸入を緊急停止

人民日報 2008年12月9日

中国の国家品質検査検疫総局は8日夜、汚染された肉製品の国内流入を阻止するため、アイルランド産豚肉製品と飼料の一時輸入停止を各地に指示した。「中国新聞網」が伝えた。

アイルランド政府は6日、同国産豚肉製品が有害物質であるダイオキシンに汚染された可能性があるとウェブサイト上で発表。中国の国家品質検査検疫総局はこの事態を重く見て、同国の駐中国大使と緊急面会した。続きを読む
posted by 元組合職員 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州からの輸入食品、安全上の問題発覚

人民日報 2008年12月9日

国家質量監督検験検疫総局が8日に同局サイトで明らかにしたところによると、上海市や四川省などの出入国検査機関における入国検査で、欧州からの輸出食品の多くに品質や安全上の問題が相次いで見つかった。問題があった食品のすべてについて、返品や廃棄などの処置がなされ、輸入禁止措置が取られた。「広州日報」が伝えた。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の航空会社各社、燃油サーチャージを引き下げ

人民日報 2008年12月9日

旅行サイト「携程旅行網(ctrip.com)」によると、東方航空・上海航空・南方航空など国内の航空会社の多くが今月から、大陸部と香港を結ぶフライトの燃油サーチャージを引き下げている。「京華時報」が伝えた。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

中国農村の絶対貧困人口、1479万人に減少

人民日報 2008年12月3日

国務院貧困扶助開発指導グループ弁公室政策法規司の劉福合・司長は3日、学術シンポジウム「中国の改革開放と人権発展の30年」に出席し、中国農村の絶対貧困人口が07年末までに1479万人に減少し、農村人口の1.6%にまで縮小したことを明らかにした。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

研修生巡回訪問記録をアップしました

昨晩、技能実習生から話があるということで、巡回員と一緒に会社を訪問してきました。内容は巡回員のブログにアップしましたので、ご覧下さい。
技能実習生との賃金交渉

あの手この手で、何とかして自分たちに有利な条件にしようと言ってくる技能実習生たちに、一つ一つ丁寧に説明していたら、3時間以上に及ぶロングランになってしまいました。

続きを読む
ラベル:外国人研修生
posted by 元組合職員 at 16:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 組合活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

「三国志」などのゲーム商標登録が紛糾、登録5年がカギ

日本の複数のゲーム会社は、中国の4大名著のうち「西遊記」「水滸伝」「三国演義」を第9類や第41類などのゲーム関連分野で商標登録している。日本のゲーム会社の商標登録戦略は周到で、名著自体の名前を登録するほか、将来のシリーズ化に備え、シリーズでの商標も登録しているという。

廖氏によると、4大名著の名前が日本企業によって商標化されていることは非常に深刻な結果をもたらす。中国国内のアニメ・漫画界が4大名著をもとにしたインターネットゲームを作った際に、日本企業は、WTOのルールを振りかざして商標権侵害の訴訟を起こすことが可能となり、場合によっては全面的な差し止めが行われる可能性もある。

続きを読む
posted by 元組合職員 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「三国志」などのゲーム商標登録が紛糾、10件が却下

2008年11月28日 人民日報

日本のゲーム企業が中国で「三国志」などの4大名著のタイトルを使った商標を登録し、中国企業が2006年に異議・争議を提出していた件で、中国知財権研究会の専門家・廖俊銘氏はこのほど、日本企業3社が答弁書を提出したことを明らかにした。「これは、中国の4大名著とかかわりのある商標争奪戦が全面的な争いに入ったことを意味している。日本企業は『異議裁定』『異議再審裁定』『争議裁定』『争議再審裁定』といった法律プロセスを踏んでいく決意を示しており、商標争奪戦に短期間で決着がつくことはないだろう」と廖氏は語る。「法制日報」が伝えた。

の資料のコピーによると、商標局に却下されたジーモードの商標 10件はいずれも04年3月2日に出願されたもの。ゲーム関連分野(第9類、第38類、第41類、第42類)で出願された「三国志」「三国演義」「西遊記」「水滸伝」「巨摩三国志麻将」商標の備考欄には「商標はすでに無効」と書かれている。一方、06年初めにすでに初期審査や登録を受けており、欧カ曼社による争議・異議が提出されたジーモードの商標(第38類の「三国演義」、第9類の「西遊記」「水滸伝」「巨摩三国志麻将」)には、審議待ちとの記録があった。続きを読む
posted by 元組合職員 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。